- 会社情報 -

歴史・沿革

沿革

昭和15年5月 故会長・白石俊夫他数名にて白石商店を設立。全国健康保険組合・共済組合等に薬品の販売を開始
昭和23年5月 法人組織に改組。白石薬品株式会社を大阪市東区淡路町に開設
昭和24年3月 白石製薬株式会社設立。自社製品の製造を開始。大阪市大淀区大仁本町
昭和25年5月 東京連絡所を東京都大田区田園調布に開設。
昭和26年6月 神戸出張所を神戸市生田区中山手通に開設。
昭和27年2月 九州出張所を福岡市中央区天神3丁目3番14号に開設。
昭和27年5月 東京連絡所を東京支店として東京都千代田区神田北乗物町に移転。
昭和28年3月 東北出張所を福島市春日町に開設。
昭和33年2月 神戸出張所を神戸市中央区京町に移転。
昭和35年8月 北海道出張所を札幌市中央区北二条東1丁目4番に開設。
昭和36年8月 白石化成株式会社を大阪市生野区巽西足代に設立。プラスチック救急箱・携帯用ケースの製造を開始。
昭和43年9月 大阪支店を大阪市東区道修町に開設。
昭和51年6月 名古屋出張所を名古屋市南区に開設。
昭和54年12月 東北出張所を現在地に移転。
昭和59年8月 大阪支店を業務拡張のため大阪市大淀区大淀中2丁目に移転。
昭和60年4月 東京支店を業務拡張のため東京都千代田区神田東松下町に移転。
昭和60年4月 神戸出張所を大阪支店営業部に統合。
昭和62年7月 北海道出張所を移転。
昭和63年9月 白石薬品株式会社東京支店を独立会社とし株式会社エスメックを設立。
平成元年3月 大阪府東大阪市横枕107-1に白石薬品株式会社社屋を新築移転。
平成元年4月 大阪府茨木市五日市1丁目10-33に白石製薬株式会社本社工場を新築移転。GMP適合工場として自社製品製造を行う。
平成元年5月 大阪府東大阪市横枕12番19号に白石商事株式会社を新設。
平成2年4月 白石薬品株式会社を白石製薬株式会社に吸収合併し、名称を白石薬品株式会社とし、本社を茨木市五日市1丁目10-33に置く。
平成2年9月 静岡事務所を焼津市に開設。
平成4年4月 株式会社エスメックを東京白石薬品株式会社に社名を変更。
平成6年3月 白石薬品本社、業務部にシュリンク包装機を導入。
平成7年9月 健康増進システム事業の開始。
平成11年4月 北海道出張所を業務拡張のため現在地に移転。
平成17年9月 Pマーク(プライバシーマーク)取得。
平成17年10月 名古屋出張所を現在地に移転。
平成18年4月 東京白石薬品株式会社を白石薬品株式会社に吸収合併し、名称を白石薬品株式会社とし、本社を茨木市五日市1丁目10-33に置き、現在に至る。
平成18年7月 東京支社・東京白石商事を移転。
平成20年5月 埼玉出張所を移転。
平成23年4月 白石商事を茨木市五日市1丁目10-33に移転。
平成24年4月 白石商事を株式会社ワイスに社名変更。
平成27年4月 東京物流センターを東京都江戸川区に開設。